学習支援、支援者の育成

学習支援
毎週末、コロナ対策をしながら、日本語の学習及び持参した宿題を学習します。学習サポーターと多文化の子どもが、1対1~2人で学習します。計算、地図(都道府県、県の特産)、漢字の読みと書き、文法、音読などをルーチンとして用意している。

支援者の育成
支援者には、子どもを尊重し、学習の支援(教えることではない)を重視する方を求めています。そのための研修を不定期に実施しています。

多文化活動連絡協議会
タイトルとURLをコピーしました